7.30.2010

monkiri workshop

先日「もんきりワークショップ」に参加してきました。
INAX世田谷ショールームで開催されるのをたまたま知り、行ってみたところ、贅沢にも大人3人+小学生1人という贅沢な少数セッションでした。

Really nice to joined the small workshop of paper cuts. It is called "monkiri" and we cut papers into the shapes of various crests. The instructor, Nabo Shimonaka, is an artist, a lecturer of Tokyo Zoukei University. She has published many cute books of paper cuts! Click here to see the line up.

講師は、造形作家で、東京造形大学講師でもいらっしゃる、下中 菜穂さん。本屋さんなどできっと見たことがあるこのようなかわいいキット本もたくさん出されている、「紋切り遊び」の先生です。
『シリーズかたち・紋切り型』(エクスプランテ刊)
{ images above : from Ex Plante Web site }

まずは、下中先生のお話からの始まり。紋切りに恋に落ちてしまった瞬間から、そのすばらしさ、日本人が忘れてきてしまった大切なことについてなど、たくさんの貴重な資料を使って伝えてくださいました。まったく興味深い!

同じうさぎ紋でも何種類もある。

紋切り遊びは、折った紙を切ると、開いた際に美しい紋ができるという、江戸時代に庶民の間ではやっていた遊び。「紋」というだけあって、これらは基本的に家紋を表現している。
「紋切り型」というと決まり切ったモノ、というあまりいい意味に使われないことばだけど、その型本に出会ったとき、こんなおもしろいものがあったのか!と恋に落ちてしまったそう。「紋切り型」についての説明はこちら

The workshop started with lecture. Monkiri was the popular playing in Edo era, but people forgot this playing and the way of use. She fell in love with this when she saw so many kinds of crest shapes in the design catalog.
In Japanese, "kata" (gata) means Form. The old book below said like, "kata" is the basic skill for the all types of industry. I can't read those old writings but this told us how important and practical "kata" was. In fact, if we want to make perfect symmetry shape, folding and clipping the paper is one of the reasonable ways.

古い本には、「諸職必要 紋切形」とあります。どんな職業でも役に立つことというベーシックなスキルだったのかも。確かに、左右均等な美しい形を書くとき、ハンドだとどうしてもぶれる、でも、折って切れば、きれいな対象形がつくれる。
「諸職必要 紋切形」
昔の紋のスケッチはけっこうデコラティブな感じ。
だんだん面で表現されるような形にシンプル化してきたのがわかる。
 雪の文様についてつづった本。
An old book of snow crystals.
江戸時代のお殿様が顕微鏡をつかって見た雪の結晶のスケッチ!
それまでは、目に見える雪の形でしかなかったから、
こんな繊細な
ディテールはなかったそう。

家紋のモチーフは実に様々で、花、蝶、草、波、雪、など自然や縁起物、笑っちゃうような見立てなどたくさん。 またそのネーミングもとても風流だし、ひとことなのにどんな形かイメージができるのが秀逸。かすみ満月、三ツ割なす、初雪、三ツ尻合兎...などなどなど。
この本には4,260種類載っていると書いてある。

下中さんの使い込んだ「紋帖」。洋書というのもちょっと 皮肉。  

今、ことのほか日本の「かたち」や「文様」に惹かれるけれど、「型」という考え方は、「自由さ」を重んじるばかりに、近代の教育で捨て去られた経緯があると知って興味深かった。そういうジャンプがあったのか。
(下中さんの著書『切り紙 切り抜き 紋きり遊び』にも、また型があった頃の図工の教科書などが紹介されています。)

The motifs of the crests are various and very fine. Google it, "kamon" or "家紋". It's awesome! The catalog above contains 4,260 shapes. The shapes came from nature things such as flowers, insects, waves, clouds, snow...or good-luck articles, or to liken to the funny things, etc... I found full of Japanese wit and humor in them and think really lovely. Also I got to know we 've thrown away the good way of using "form" when we create something instead of "free".

ワークショップでは、型のサンプルを使いながら、鮮やかな色の小川和紙をたくさん折って、切っていく。すごく単純で簡単な作業なんだけど、複雑なかたちであればあるほど、開いたときの意外性や感動は、ひとしお。

一番シンプルな「初雪」のかたち。
夏なので、切った紋をうちわに貼るというのがゴールでした。 
ワークショップのすてきな残骸
折ること、切ることに没頭した時間もよかったけど、家紋のこと、「型」のこと、江戸の人の遊び心、自然の観察力、文様のバリエーション、たくさんの資料をつかって話してくれた下中さんのレクチャーを聴けたのはほんとによかった。
ただの紋でしょ?なんて思っていた人も、レクチャーを聞けば見方が変わるかも。
紋切りワークショップ、特に少人数のもの、おすすめです。
今後のワークショップについてはもんきりWorkshopブログにアップされるそうです。 下中菜穂さんのオフィス「エクスプランテ」のサイトはこちら

We pasted cut out parts on the paper fan for the sake of summer... Only we have to do is folding and clipping along the line of the pattern. So easy! but it is so nice to find beautiful crest when we opened the folded Japanese paper. I was really enjoyed the lecture about form, shape, and pattern of Japan.
You can see more images related "monkiri" on here and here.

7.23.2010

give me a goldfish

源吉兆庵の「金魚」という夏の和菓子をいただきました。
風流な遊び心。

The seasonal wagashi from Minamoto Kitchoan, the traditional Japanese confectionery. Two little goldfish inside. Crafted to reflect Summer. Yum.

7.22.2010

zine's mate

今月末はZINE'S MATE。
お友達のananas pressanna gleesonさんも参加します。
ARTS CHIYODA、まだ行ったことないので、これを機にみてこよう。

TOKYO ART BOOKFAIR 2010
7/30(Fri)、7/31(Sat)、8/1(Sun)@ 3331 ARTS CHIYODAVACANT

 {image from www.zinesmate.org }

The Tokyo Art Book Fair 2010 is coming up next weekend.
3331 ARTS CHIYODA is newly born place, which is renovated junior high school and various kind of exhibitions and workshops are held here. Let's take a look!

7.18.2010

trip to the island

少し前に、長崎県の五島列島を訪れました。
実は、通っているヨガスタジオのインストラクターやメンバーの方々との旅行。
天然の砂浜、この高浜海水浴場の浜辺でヨガをしました!

真っ白でさらさらの砂浜でヨガなんて、ほんとにすごい体験でした。全部悪いモノが抜けた感じ。他にもパワースポットみたいな場所がたくさんあって、島ヨガを満喫してきました。

A few weeks ago, we headed west to visit Fukue Island, part of Goto archipelago, with those who from yoga studio I often use, and coming here to do yoga on the beach! What a great experience doing yoga on such a beautiful beach covered with white sand. Never happened in Tokyo. Totaly refreshed and filled with nature power.

五島列島は、いくつも島があるけど、中でも一番大きな福江島に滞在しました。
遣唐使や隠れキリシタンなどの歴史も残るところ。町中には大小様々な教会がたくさん。資料館で複雑な当時の事情を知りました。この他にはない島の成り立ちを広く伝えていこうと、今世界遺産登録に向けて、こうした史跡などの情報整備も進んでいるみたい。
 ルルドがある井持浦教会のエントランス、「いらっしゃい」と。
内部の撮影ができる教会もあった。
ステンドグラスのシンプルなシェイプと色合いがとても印象的。

The islands have numerous Catholic churches. We get to know about the history of the hidden Christians who survived through the days of persecution in 19th Century, at a reference room next to the church. People are working on to be listed on the World Cultural Heritage List.


すばらしいビューのスポットも多く、インストラクターさんたちの事前リサーチのおかげで、1泊だけでしたが充実の滞在でした。 
眺めが最高だった、魚津ヶ崎(ぎょうがさき)公園。遙か遠くに風力発電の風車。
 
漁に行った人を見守る魚藍観音の展望台
 
最西端の断崖絶壁、先端に立っているのは大瀬崎灯台。
The West end. Can you see the lighthouse at the tip?

五島列島は、海産物はもちろん、五島牛といわれるおいしい牛肉も有名。そして、五島うどん、という「日本三大うどん」のひとつもここなんだそうです。讃岐、稲庭、五島うどん(3番目は水沢うどんという説もあるみたい)。
人がごみごみいないので、景色を独占できるし、確実にパワーチャージできる島。機会があればぜひ!
夜はBBQしました
 五島うどん。細めの丸いおうどんで、ここでとれる椿油が練り込まれてる。
Nationally famous Goto Udon, Thin rounded shape, kneaded with Natural camellia oil.
 ひじきのラベルなんて、すてきです。
cute labels of the bags of seaweed. wakame and hijiki.

Here is very rich not only in seafood, but beef, and famous for Udon. Goto Udon is one of the 3 best Udon in Japan. 
So nice to trip around Fukue island, and want to do Yoga on the beach again! 

7.10.2010

Levi's Workshops

最近、「スタジオ」という場に興味があります。
この7月にサンフランシスコでオープンした"Levi's  Workshops"。あのジーンズのリーバイス。


ここでは、活版によるプリントや、シルクスクリーン、活字を組むなどのクラスや、いろんなイベントが一般市民に開放されている。オーガニックな食づくりの取り組みをしているアリス・ウォータースなど、地域で活動しているアーティストや実業家とのコラボも。
ネット世代の今、手を汚して、自分で印刷をして何かをつくろう、と呼びかけています。community print shopという在り方が新しい。詳しくは、"Levi's  Workshops"のサイトをどうぞ。
下の写真は子供たちが、リーバイスのリサイクルデニムに印刷して本をつくっているところと、シルクスクリーンによる活版の父、グーテンベルグさんの顔をTシャツにプリントする様子(いずれもLevi's WorkshopsのBlogより)。

The students from Edible Schoolyard program making book printing on recycled denim paper.
{ image from Levi's Workshops Blog }

 screen printing Gutenberg on T-shirts.
{ images from Levi's Workshops Blog }


I 'm so much interested in the place called studio/workshop recently. This is new place in San Francisco, called "Levi's  Workshops" .This is a community print shop, delivers some classes of letterpress printing, screen printing, type setting, and more about print making. Alice Waters and other local pioneer are also involved. They said, roll up your sleeves, get your hands dirty!
Click here to read more about their mission. When I visit to San Francisco next time, I must check.

最後に、紹介ムービーがあったので載せておきます。
A video introducing the place titled " We Are All Workers".