4.29.2010

decoboco festa 2010

5月は活版の季節。
今年で3年目となる「活版凸凹フェスタ2010」ですが、GWの5/2〜5/5に上野、というか鴬谷の日展会館、2Fのイベントスペースで開催されます。


{ decoboco festa 2010 logo : image from adana press club news }

このイベントに、megropressも参加します。
昨年より出展作家さんもだいぶ増えているようで、楽しみです!イベントの詳細はこちらでどうぞ。

 { sneak peak of "the box for the letter lovers" }

May is the season of Letterpress!
megropress will join to the event of letterpress things and printed matter, called "Kappan DecoBoco Festa".
The venue is Nitten Kaikan, in Ueno, Tokyo, open to public May 2-5, 2010. It will be 3rd year for this event, exhibitors are getting increased. It's gonna be fun!

4.23.2010

salty lime

いつもやられたーと思う「世界のKitchenから」で今年も新ラインナップが。ソルティ・ライム。
 
KIRINの商品開発の人といっしょに作りあげたという、このコンセプト、そしてパッケージ。毎回かわいくって、ジュースなどあんまり買わない私もひとつは購入してしまう。このデザインは今をときめくドラフトの福岡南央子さん。すばらしいです。これまでのパッケージデザインなどはドラフトのポートフォリオサイトで見られます。
そして、これおいしかった。夏がやってくるー。

I 've been enjoying this series of drinks for a few years, "sekai no kitchen kara"( means from the kitchens in the world). How cute that package! and the concept is really good and fun. The lineup changes irregularly, and 2010 summer new lineup is... Salty Lime from Mexico!
All packaging and ads are designed by one of the most influential Japanese art directors, Naoko Fukuoka /DRAFT. You can see other designs of packages and ads on DRAFT's portfolio page. And, yes, tastes good!

4.18.2010

wrapping papers : Yoshino

イラストレーターである芳野さんの個展がtrayで開催されていたので、滑り込みで行ってきました。
{ image from Yoshino's website nocodico }

I visited the exhibition of Yoshino, the illustrator, which is featured on her works of wrapping papers.

リトグラフによる版画作品を数々生み出している芳野さんですが、今回は、「芳野包装紙展」ということで、彼女にとっても新しい試みという「包装紙」の展示でした。megropressの封筒ライナーに使用させていただける素敵なパターンの紙を探していたので、「包装紙」を見たかった。

{ displayed at the entrance }

彼女の生み出す絵は、意思のある砂糖菓子、といったイメージでふわりとしつつも、色が冴えて美しい。今回は包装紙は、レトロ印刷を使って制作されたそうですが、独特のズレと蛍光のカラーが効いてすてき。芳野さんご本人ともお話できました。アーティストの方と実際に話せるのはとてもいい。芳野さんの次の活動が楽しみです。

She usually makes illustrations and lithograph printing, she said making wrapping papers was the new trial for her. I 'm really interested in nice papers which can be used as envelope liners for our stationery items.
Her design has calm, soft and pure feelings, but a spice of luminous colors stood out among the feeling. These papers were made by digital stencil printing, called "Retro Insatsu" in Japanese. "Retro" is "retrospective". Many spontaneous shear and overlaps are created by this old fashioned and nostalgic way of printing. It added a bit of crafty feelings to the prints.

 { a souvenir cookie box wrapped with Yoshino's paper }

この展示ではAfterhoursさんとコラボもあり、この包みの中にはおいしいクッキーが。 会場では、1日だけカフェもやったそうです。Afterhoursさんのブログにもおいしい写真とともに綴られています。

{ cookies from Afterhours...so goood!! }

She collaborated with "Afterhours". These yummy cookies were in the box wrapped with Yoshino's paper. Taste so good! They opened one-day cafe at the gallery. There are much more yummy photos in Afterhours weblog.

4.13.2010

TOKYO PEAR

megropressは、昔私が出会った「プレスの強くて、カラフルで、グラフィカルな」アメリカのレタープレスを再現したくて始めたのですが、もっとずっと前から、そんな強いプレスの美しいレタープレスのカードを東京で制作しているスタジオがあります。TOKYO PEARです。


I started "megropress" to make cards & stationery with pillowy impressions, bright colors, and nice graphics, like the ones which I fell in love in USA, 5 years ago. I am still trying to make what I saw then..., but there is a wonderful studio called "TOKYO PEAR", who has been created beautiful cards with really nice impressions. Behind the press, there are Darren and Eriko Smith, they moved to Tokyo from Seattle in 2007. She is a talented designer/printer of letterpress! I love her creations! How cute that patterns! She uses 100% cotton papers imported from USA to make good impression on papers.

{ those 3 images from "TOKYO PEAR NOTES"}

この一目惚れしてしまうほどかわいいデザインを作り出すのは、スミス・ダレンさんと、恵梨子さんのお二人。アメリカに住んでいらっしゃったのですが、2007年から日本で活動されています。
アメリカにはたくさんある、プレスの強いレタープレスの印刷物。彼らが日本に戻ったときに、そういったものが日本にはない、と気づき、ならば自分たちで作ろう!と始められたそうです。TOKYO PEARのカードたちを見ていただくと、私が昔惚れ込んでしまったアメリカのレタープレスの感じがよくわかっていただけるのではと思います。

TOKYO PEARのblogには、レタープレスの製作プロセスもたくさん載っているし、新商品もいち早く見れたりも。次の作品はなんだろうとわくわくしてしまいます!また、以前から、メディアに取り上げられることの多いTOKYO PEARですが、最近、さらに取り扱いのお店も増えて、出会える機会が多くなったようです。
名刺などのオーダーでの受注制作も、もちろんされています。カードのオンラインでの購入はこちらからできます。

 { image from "TOKYO PEAR NOTES"}

They are often featured on TV and the magazines in Japan, and more and more shops sells their products recently, so we could get their beautiful cards much easier before : )
I love to read their blog with lots of making processes and sneak peaks. They also do custom letterpress work. You can buy their products online here. I can't wait to see their next products!

4.10.2010

The Hive at 1151

この間のBOX & NEEDLEもそうだったけど、様々なバックグラウンドの女子が集まってできる小さな起業、もっとふえそうで楽しみ。


I'm excited to the growth of  the small and creative business, which launched by girls who had different back grounds, like BOX & NEEDLE that I've mentioned.
The Hive at 1151 is the studio offers to wedding and creative workshop in Washington. It was launched by girls who had backgrounds in photograph, letterpress design and print, event coordinate. They will offers some good programs for the people who want to make paper items and displays for their wedding, here. I'm sure that these kind of services are demanded now.

これは、つい最近ワシントンで立ち上がった、ウェディング&クリエイティブ・ワークショップを提供する、The Hive at 1151。レタープレスデザイナー、カメラマン、イベントコーディネーターが集まって立ち上げられました。
DIY熱も高じて、レタープレスのペーパーアイテムや素敵な会場ディスプレイなどを自分でやってみたい!と思う人たちをサポートする場所になるのだなーと思います。

私自身もよく感じるけど、意志のレベルや興味の方向性が同じ女子と話すと、これでもかというほど深い話しができることがあって、このパワーは生かした方がいいと思うもの。なんだかパワーが沸いてきます!
It is one of the most happy and exciting things to talk girls who have same strength of will and same direction of interests. It has a big power to give birth something.

4.09.2010

box and needle

二子玉川にあるBOX & NEEDLE
箱の専門店です。ショップカードもレタープレスですね。

京都にある老舗箱屋さんのマルシゲ紙器のショップ。もともとこんな感じで展示会やブランド向けにBtoBとビジネスをされていたようですが、こうしたエンドユーザー向けの出店形態は初めてだそうですが、かなりそそる箱の世界。Webダカーポに詳しいレポートがあります。

BOX & NEEDLE is a box shop in Futako-Tamagawa, Tokyo.  How cute that letterpress business card !
They ,called "Marushige Shiki", are the box maker with long history based in Kyoto. They 've been originally working for some paper equipment of exhibitions and packagings for various kind of brands in B2B business, this is the first time for them to open  the shop for end users.

世界の様々な紙をつかって作られたいろんなサイズ箱や、鮮やかな色の様々な形の箱。箱以外にもバインダやカードなども扱っていて、すべて手作りの品々。
精巧な作りとアイディア満載でどれもほしくなってしまいます!

Nothing but boxes!  So cool and exquisite craft work. They have many boxes with various kind of shapes, sizes and papers. A bit of idea makes us smile. I love in this house-shaped boxes! It is divided two parts inside, a box for letters and a box for stamps! one of the best things for letter-lovers.


私はこれに感動。手紙好きにはたまりません。「アルケー1」という名の家の形をした箱で、中の仕切りで切手と手紙やはがきを入れられるようになっている。

a nice cute flavor on the paper bag.

家に持って帰るときにもかわいい心遣い。また遊びにいきたい場所です。
二子玉川の高島屋の裏手あたりですが、お隣は陶器のKOHOROやリネンのLisetteリネンバードなどが軒を集まっているので、お散歩ついでにぜひ。
追加)このあたりのお店の商品はEnvelopeというオンラインセレクトショップで購入できるみたいです。
It is a perfect place to just walk and see,  some shops are here this corner, like KOHORO, Lisette, and linen bird.  You can buy the things from these brands here, the cute Japanese online select shop, called "Envelope".

box and needleのブログに、先日WBSで見た「指筆」に関わったと書いてあって、ちょっと「?」だったのですが、このお店の裏には、ワークショップのプランニングややラーニングキットの開発をされている大西景子さん(SODA design research代表/ neomuseumチーフキュレーター)が、Niiのメンバーとして、いらっしゃると知り、納得。マルシゲ紙器とのコラボで、ワークショップなどで使われるツールなどもマルシゲさんで作られているのでした。

BOX & NEEDLE
東京都世田谷区玉川3-12-11
03-6411-7886
open 10:30-19:00 (定休日:水 )

4.08.2010

sakura 2010

春の訪れは寒 かったけど、今年もきれいな桜がみれた。
1年たったんだなー!
今年も活版凸凹フェスタが5月にあります。もうそんな時期です。

凸凹フェスタを主催してくださっている朗文堂さんから『VIVA!カッパン♥』という本が出るみたいです。楽しみですね。

4.07.2010

kamihen

これいけなかった。。。spiralでやっていた「紙片(かみへん)」。あーほんとに残念。ボックスみたかったし、欲しかったー、とくに drop aroundのを見たかった。

A4 flyer

Oh, I 'm really really disappointed I missed to visit this! The exhibits, called "Kamihen", the paper working of 3 artists, Yoko Inoue, drop around, Shingo Okazaki. I wanted to see and get their boxes...especially droparound's one.

{ these pictures from drop around Journal }

Their nice shop is now closed, but drop around has been working on design and product planning, based on the concept of "travel" from 2000. You may know these series of paper items which is sold from "klassiky".

4.06.2010

Studio Visit:Bowne & Co.,

以前こちらで書いた「よ みがえる活版印刷」というTV番組が、先日4/5(月)に放送されました。20分間の番組ですが、けっこう見ていた方がいたみたい で、私にも何人かから、「やってたよー」「みた?」と話がありました。
Dan の活動が伝わって、なんだか私もとてもうれしかった!とてもよくまと まっていて、いい番組でしたー。編集をされていたMiwaさん、お疲れさまでした!
The Japanese 20min TV program which featured the letterpress printing in Brooklyn was on aired on Monday 5, April. I had some good responds from people who saw this program! It was really good, and I 'm happy to be known Dan's activities in Japan. Thank you, Miwa!

再放送があるのでありますので、見逃した方はぜひどうぞ。
BS1  4月11日(日)7:20〜7:40
BShi 4月11日(日)16:00〜16:20

ニュー ヨークウエーブ「最先端 アート!よみがえる活版印刷」
(jump to the website of this program)以 下番組サイトより引用:

活版印刷に再びルネッサーンス!デジタル製版の発達で消滅の危機 にある活版印刷。この人類の偉大な発明にもう一度光をあてようとるす21世紀の若きアーティストたち。1960 年代に消滅の危機にあった活版印刷が、今、若いアーティストたちから注目を集めている。そんなアーティストたちに利用してもらおうと、ブルックリンに活版 印刷の工房を立ち上げたのは、ダン・モリス(31歳)。100年以上も前の印刷機や数万点に及ぶ活字を、いつでも使えるようにした。利用料は1時間 1500円。大勢のアーティストがダンの工房で作品作りに取り組む。その姿を通し、新しい活版印刷の世界に迫る。
New Yorkで、もうひとつ訪ねていたスタジオがありました。
それは、この番組でDanの師匠の工房として登場していた、Bowne and Co., Stationers
South Street Seaportという19世紀の港町を再現した歴史保護地区でショッピングなどもできる観光スポットがあるのですが、その中のSouth Street Seaport Museumの一部として、石畳の道の一本奥に入った感じのところに、工房はありました。

the brick building and the charming sign.
レンガ造りの建物と看板がなんともそそる外観。

I visited Bowne and Co., Stationers, which appeared in that TV program as the place where Dan learned printing technique. It is a part of the South Street Seaport Museum, which is located in the historically conserved area, South Street Seaport. The printing studio is located on the cobbled street a bit off this area.

中に入ると、 すぐにショップ、奥が工房になっています。HPによると、もともとこのあたり(Park Row とFulton Streetの間あたり)は19世紀頃、紙屋、活字屋、インク屋といった印刷関連の店舗がひしめいていたそうで、Robert H. Bowneさんが、文房具や印刷関連の商品を扱うお店を始めたのがこのお店のルーツ。その後、1975年に、少し場所を移して今の建物が建てられたそうです。建物自体は19世紀の様子を再現しているそうですが、老舗の印刷所の中にある印刷機や活字は、19世紀ものがそのまま使われていました。

At the entrance, you will see a small gift shop, and the old letterpress studio behind them. According to the website, in 19th Century, many printing offices and "job shops", such as paper suppliers, ink makers are clustered in this area, and one of them was the stationery shop of Robert H. Bowne. In 1975, they moved a little to the current actual place, and the building was recreated like as it was in 19th Century, but inside of the building, the lead types and printing machines were still active and have been used from that old days!

It is one of the oldest and most important letterpress studios in Manhattan. The art school takes their students here as part of the typography class. They do custom prints, and sell cards both they selected and they printed here. This is the card which was printed here. They said, they really careful about pressing with old types!

ここで刷られたカード。
これはつるっとした紙にフラット目に印刷されていてます。
19C graphics on smooth, hard paper

19世紀の生のグラフィックがそのまま生きている!という感じですが、ショップ の方とお話すると「活字を使うときは、とても慎重にプレスをしているよ!」とおっしゃっていました。

update:映像で中の様子がよくわかります。

PRINTER'S BLOCK from Georgia Gruzen on Vimeo.

これ以外の活版印刷のスタジオへも訪問した様子はこちらから。
You can see other mini reports of my letterpress studio visits.
The Arm | Cooper Union Type Shop | Hijirik Studio | Sesame Letterpress | Moontree Letterpress

4.05.2010

cool post cards

今年2月にNOW IDeA byUTRECHTで行われた、小木曽瑞枝さんの個展『深 海の庭』に合わせて、bluemarkの菊池さんがデザインしたポ ストカードセット。bluemark、やっぱりすてきです。
{ image from TAKEO WEB PAPER }

So cute and nice color mix.
These post cards were designed by Atsumi Kikuchi / bluemark. I love bluemark's works very much! You may know him by these Japanese clothing brands, Mina perhonen and Sally Scott. They are also his brand planning works.
These cards are made for "shinkai no umi" (..means deep ocean), the personal exhibition of Mizue Ogiso took place at Now IDeA byUTRECHT in Tokyo.

(via TAKEO WEB PAPER)

4.04.2010

Steve Cossman

先日ニューヨークで、友人の結婚式の招待状を刷っていたアーティストのSteve Cossman。彼から、その招待状ができあがったという知らせをもらいました。
なんてかわいいのー!
200枚くらい刷ってたし、色もたくさん、かなりの労力だったと思う。

his final print

Steve Cossman is a Brooklyn based artist, I met him at The Arm, Brooklyn. He was busy for printing wedding invitations for his friends. The other day, he sent me the picture of final prints!! Isn't it so pretty? He printed about 200 with more than 4 colors, such a hard work!

Steveは、Brooklynで活動するアーティストで、"NIGHT AWL PRESS”としてプリントや製本の作品を制作をしてます。それ以外にも映像の作品も作るマルチな才能の持ち主。

"NIGHT AWL PRESS" is the label of his print making works. In printmaking, he makes books, woodcuts and type mostly. He makes not only prints, but films. He is so talented!

the works of NIGHT AWL PRESS

なんと、今回、彼の"TUSSELEMUSCLE"という映像作品が、3/23~28までミシガン州のアナーバーで開催された”Ann Arbor Film Festival”の招待作品として、上映されたそうです。

His recent film "TUSSELEMUSCLE" was invited and showed at ”Ann Arbor Film Festival”, which was held in Ann Arbor 23-28 March,2010!
TUSSLEMUSCLE, 2007-2009

彼のサイトで、その作品を少しだけみることができます。これは、フィルムを切ってつなげて、、という作業を延々と繰り返してできあがる美。映画館の大きなスクリーンでみたらミステリアスさが引き立って、すてきだろうなあ。

You could see a bit of this film here. This beauty might be made with detailed handwork, cut and paste each film pieces... If we seen this on a big screen, it will be more mysterious and beautiful.

Congratulations, Steve!

{all image from Steve Cossman and his website }

4.03.2010

Brooklyn favorites

旅は、おいしいものも大事です。
Brooklynのおしゃれ食料品屋さん、Marlow & Daughtersで見つけ たおいしいものを少し。

Marlow & DaughtersMarlow & Sonsというレストランの姉妹店で、ローカルな食料やお肉やハム、パンなどを扱うお店。店内の様子はSunday Suppersのこの記事で素敵な写真をどうぞ。
Marlow & Sonsのオーナーが出版している食と農に関する季刊誌”Diner Journal”もいい感じです。


It is fun to have nice local food.
I bought some good stuff at Marlow & Daughters, the sister shop of Marlow & Sons, both are located in Brooklyn. They sells grocery and more. You could see some nice pictures about this shop on Sunday Supper blog.
And you may like "Diner Journal", a seasonal magazine focused on food and agriculture, which is published from the owner of Marlow & Sons.

----------
MORRIS KITCHENの"Ginger Syrup"
兄妹でやっているローカルに根ざしたブランド。
他の商品は今開発中で、今販売しているのはこのジンジャーシロップのみ。ラベルもレタープレスで美しく、シンプルですてきな逸品。

MORRIS KITCHEN is running by brother and sister in Brooklyn, uses ingredients from local. They sell only this product now, other products are in research phase.
The label design is good and simple, beautifully letterpress printed.

----------
LiddAbitの"Beer and Pretzel Caramel"こちらもローカルに活動する女性二人のスウィーツブランドの、ビールとプレッツェル入りの大きなキャラメル。濃くておいしい!ビールは、地ビールBrooklyn Breweryのもの。これはやばい、やみつきです。

LiddAbit is the Brooklyn local confectionery running locally by two ladies.
This is big and a bit heavy, contained pretzel and Brooklyn Brewery's 2types of beer. So yummy and addicted!!

4.02.2010

after the trip /NY

今回はBrooklynを中心に、ニューヨークのレタープレスのスタジオをいくつか回りましたが、いろんな人に会ったりして、個人的に感じたことをいくつか。

浸透度は高い
とにかく、ニューヨークでは、レタープレスは非常にポピュラーでした。これはサンフランシスコでも同様でした。
モノとしては、カードというのが一番目にすることが多いのかと思いますが、グリーティングカード売場でもレタープレスの商品がたくさんあり、棚 に"letterpress"というカテゴライズがされてたりもします。
また、カスタムオーダーも非常に盛んで、名刺だけでなく、イニシャル入りのステーショナリーなどもポピュラー。ステーショナリーショップには、必ずカスタマイズを受付けるデスクとスペースがきちんととってあり、分厚いレタープレスの見本帳がたくさん待ち受けています。

wedding需要が大きい
これは変わらず、という感じですが、一番大きなのが、結婚式の招待状とバースアナウンスメント(赤ちゃんが生まれたときに出す案内状)。手作業で時間も労働力もかかる印刷方法なので、価格はそれなり。なので、特別な時に、という感じはあるようです。

特に結婚式の招待状については、ウェディング雑誌を見ると、ドレスや会場のコーディネートと同等に、ペーパーアイテムについても紹介されていて、その アテンションの高さがうかがえます。最近は、不景気もあってニューノーマル的にはレタープレスは最小限にする動きもあるようですが。
日本の結婚式はもっといろんなスタイルが出てきてもいいよなーと思う。

あらゆるテイストのデザインがあって、もう、どれもかわいい!


裾野が広い
たくさんのレタープレスのデザイナー/プリンターがいるので、スタイルも様々。紙もコットンに限らず、いろいろな紙へ印刷されたものや、インプレッションもディープなのもあれば、あえてフラットなものもあり。
また、以前こちらでもかいたように、レタープレスをやってみたい人への門戸も開かれていることも、印象的でした。教える側にも若い人たちが活躍していて、レタープレスを支えるの裾野の広さを感じた。

強いプレスのワケ
アメリカのレタープレスはとにかく、すごく強いプレスのものが多い。私は5〜6年前に最初に出会ったのがアメリカのレタープレスで、そのプレス感に惹かれここまで来たのですが、日本の「活版」とはなんだか違う感じがして、その違いはなんなのだろうという疑問がずっとありました。

集めたカードたち。どれもプレスがグッと強い。

アメリカで訪ねたレタープレススタジオのほとんどは、鉛の活字は一切使わず、樹脂版を使って制作する方法をとっていました。人々に話を聞いてみると、なるほど、この樹脂板の登場が、やっぱり画期的だったのか、と思います。

10年くらい前に樹脂板が登場し、そのおかげで、PCでデザインしたものをそのまま活版印刷できるようになった。活字を使わないでも活版印刷できるようになった。
確かに活字は、重いし、かさばるし、扱うのには職人技がいる。この辺はやっぱり万国共通で、もちろん、その良さはすごくあるけど、日本と同じように、アメリカでも昔ながらの活版屋さんは残念ながら衰退していっているのでした。その一方で、別の形で 今の要素を加えながら復活してきた姿が、この樹脂板を使った「新しい」活版印刷だった。

活字は柔らかい鉛で作られているため、活字を使うときは痛めないよう、強くプレスしてはいけないけど、樹脂板を使えば、そこを気にしなくていいので、強くプレスすることができる。
強いプレスで初めて生まれる深い凹凸感、この「インプレッションを楽しむ」 という新たな価値観が、この10年くらいで育ってきたんだなーと思うのです。

PCでおこしたデザインをそのまま樹脂版へ。
picture taken at Sesame Letterpress



はコットン
また、紙は、やわらかい コットンペーパーが、レタープレスには最適といわれていて、今回訪ねたスタジオでも、みなコットンの紙を使用していました。定番は、Craneの Lettra #110。
欧米では昔、コウゾや三椏のような紙作りに適した植物が周りに豊富になかったため、古い衣服などの綿を原料にして作られたコットン製のペーパーが根付いた、とか。
厚めのコットンペーパーは、やわらかくて、強くプレスを押したときにくっきりと深いインプレッションが残る。

"pillowy deep" impression
{ image : from moontree letterpress blog }


後押しするトレンド
さらに、エコ、クラフト、という要素なども加わって、レタープレス人気を推し進めています。コットンペーパーは、原料が綿なので、木を切らなくて済むのでeco、とされ、インクもsoy inkを使用して、"green"を謳うレタープレススタジオも。また、レタープレスでの制作は、印刷機にモーターはついてたりしますが、手作業がほとんどのため、手仕事感、手作り感を求める今の時代の雰囲気も押しています。
また、以前書きましたが、結婚式のインビテーションにはレタープレスが最適、という風評なんかもあって、華やかさ、カラフルさ、という要素が加わって、現在のような鮮やかで、プレスの強い、アメリカ的レタープレスの文化が熟成されてきたといえるんじゃないかと思います。

日本の「レタープレス」として
そういう意味では、日本とアメリカのレタープレスのスタイルが違う、というよりも、アメリカのほうが少し早くバリエーションを経験している、ということな気がします。
樹脂板が開いた世界を「レタープレス」と書くとすれば、日本の「レタープレス」がこれからもっともっと出てくるはず。樹脂板だって、活版名刺を持っている人は多くいて、デジタルな組版はすでにポピュラーなのだと思うのですが、グラフィックがどんと出ている感じはあまりないような気もします。日本語、日本の紙を使って、さまざまなスタイルが生まれてくるのだと思います。アメリカとはグリーティングの文化や、結婚式の文化などがやはり違うので、日本でどのような発展をとげるか、これから、ちょっと楽しみです。

私がもともと憧れていたのは、このアメリカ的な、自由で、グラフィカルで、カラフルなレタープレスでした。このblogでも、「活版」というとイメージするものが少し違う気がして、あえてカタカナで「レタープレス」と書いてみたりもしてました。
日本の活版印刷のスタイルのバリエーションを豊かにするそのひとつとして、megropressなりのスタイルで、レタープレス作品を生み出していきたいと思います。